個人輸入で購入した医薬品は日本の制度が適応されない

インターネットでは、医薬品を個人輸入で購入できるサービスを提供しているところが数多くあります。
また、個人輸入で購入した医薬品を転売するような人もいます。
このような個人輸入で購入した医薬品を使用する場合には注意が必要です。なぜならば、個人輸入で購入した医薬品には日本の保証制度が適応されない場合があるからです。
例えば医薬品を服用して副作用が起きた場合、通常であれば副作用救済制度が適応されます。
しかし個人輸入で購入した医薬品の場合には、この制度が適応されない場合があります。
なぜならば、この制度が適応される条件として、「医薬品を適正に使用した」という条件があるからです。
個人輸入で購入した医薬品の場合、その人が本当に適正に使用したかどうかというところが争点になります。
適正に使用したとは、医薬品に添付されている添付文書に基づくとされています。個人輸入で購入した医薬品の場合、この添付文書に基づく使用に関して疑いをもたれるような事例に当てはまってしまう場合も多くあります。
例えば日本でいう添付文書がない場合もあります。もし、あったにしても日本の保障制度に見合うものであるかどうかが争点となりますので、注意が必要です。